marsプロジェクト公式サイト

mars

mars(MAtsue Ruby Sns)とは、Rubyで開発されたオープンソースのSNSです。

新着情報

現在都合により、marsの公開を停止しております。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

ファーエンドテクノロジー株式会社様のご提供により、CentOS上でのmars構築手順書を公開しました。

CentOS上でのmars構築手順書
ファーエンドテクノロジー株式会社様

marsのソースコードはRubyForgeで公開されています。
以下のアドレスで、最新版をダウンロードできます。

ライセンス

marsのライセンスはMITになります。
正式な情報については、ソースファイルのCOPYING、LEGALファイルを参照ください。

インストール方法

= インストール方法

== 必要なライブラリ

本アプリケーションを動作させるために必要なライブラリを以下に記します.

* Ruby 1.8.7
* RubyGems 1.3.5
* Rails 2.3.5
* Postgres
* ImageMagick

gemで入れるライブラリは

  /config/environment.rb

を参照してください。

== 環境のセットアップ(開発環境)

(1) database.ymlの作成
database.yml.postgresをdatabase.ymlにリネームし,Railsの規約に沿って
database.ymlを作成してください.

(2) settings.ymlの作成
settings.yml.exampleをsettings.ymlにリネームし、環境にあった設定に編集してください。

(3) データベースの作成
  $ rake db:create:all

(4) テーブルのマイグレーション
  $ rake mars:db:init

(5) DBへのデータロード
  $ rake mars:test_data:load

以上で、環境が整います。

$ ruby script/server

にて、サーバを起動し、以下のURLへアクセスします。

http://PCのホスト名(or IPアドレス):3000/

ただし、顔写真の表示などはx_sendfileの使用を前提としております。
script/serverで単純に動かす場合は、application_controllerのx_send_fileメソッドの
オプションを書き換えて下さい。

                        

無保証

marsは無保証になりますので自己責任でご利用ください。